【解説】企業出版と他の出版との違いについて

「本を出したい」
「出版の種類を知りたい」
「企業出版の魅力や費用を知りたい」

出版とは、自分が伝えたい内容を本にして公開することです。
その内容は、様々なものがありどのような立場でされるかによって変わってきます。
現在においては、様々な私の出版物が形で出版されています。
その中でも再最も歴史があるのは、紙に印刷して冊子の形で公開するものです。
そのような書物の多くは、書店に並び販売されることになります。
最近では、コンピューターの普及に伴う書類の電子化やインターネットの普及により、出版物の作成方法や公開方法にはバラエティが出てくるようになってきました。

紙の本を読む魅力

従来の紙に印刷されたものを読む際には、冊子を買ってそれを読むという単純なことが行われます。
それ以外に必要なものはありません。
それに対し、最近の電子化された本を読む際にはこれを読むための電子機器と名前によってはソフトウェアが必要となります。
読者の中には、読む際に紙をめくりながらということにこだわりを持っている人達もいます。
そのような際というのは、主に文芸作品や文学的や芸術的な内容を含んだものです。
単に情報を得るというだけでなく、そのものを読むことにより何らかの意味で雰囲気に浸るというようなことを期待している人達です。

役割が知識の伝達ということに重きを置く人たち

これに対し、役割が知識の伝達ということに重きを置く人たちもいます。
そのような人たちにとって、印刷された形をとることは必須のものではありません。
そのような人たちにとっては、電子書類の方が様々な検索機能や内容の一部が分からない時にインターネットへ照会が行えるという意味でむしろ好ましいという状況にあります。
そのようなことは、紙に印刷した冊子ではできませんので、電子化されたことによる恩恵を受けることになります。

フリーソフトウェアやWebブラウザだけで読むことができる

このような流れの中において、最も最近の流れにインターネットを活用したものがあります。
色々なものを読む際に、自分の電子デバイスにダウンロードするのではなくインターネットサイトに出向き、そこで内容を読むということが行われるようになってきました。
閲覧する際にも、専用のソフトウェアを必要とせず配布されているフリーソフトウェアやWebブラウザだけで読むことができるようになっているものも数多くあります。
またこのような公開方法は、インターネットに接続できる莫大な数の読者を確保できるということになりますので、その内容を周知するためには効果的な方法ということができます。

書物の公開方法には、ここまで述べてきたような様々な形式があります。
ここからは、このようなものを出版する際には景色があるかということについて行います。

3つの出版方法

出版方法には、大きく分けて三つのものがあります。

商業出版

それらの中で最も大きな割合を占めるものが商業出版と呼ばれるものです。
商業出版とは、出版物を購入してもらいそれで利益を得られるようなもののことを指します。
数多くの出版物がこのカテゴリーに当てはまります。
大変人気を博している様々な有名出版物というのは、ほとんどこのカテゴリーに属していると言っても過言ではありません。
その際の出版費用については、出版会社が負担することとなり、利益のかなり大きな部分も獲得することとなります。

自費出版

これに対し、個人的な趣味なので出版物を出す際に自己的な負担で出版を行うというものがあります。
これは自費出版といいます。
自費出版の場合には自分で費用を負担しますので、内容については自分が自由にできます。
費用負担する代わりについては全て自分の自由にできるというところが自費出版の特徴です。
ただ問題点は、商業出版のように多くの読者に見てもらえるような内容にするということはほとんど行われませんので、書店などの通常の本を流通するところにはお金ないのが普通です。
書店も、多くのサービスが売れないと利益がありませんので普通は置かないということになります。
そのような事で、自費出版の出版物は出版する人が配布をするなどということを行います。
最近では、自分でWebサイトを開きそこでダウンロードできるような形で配布するという人たちも出てきています。

企業出版

3番目のカテゴリーは企業出版と呼ばれるものです。
この出版形式は、企業が自社のブランディングを行うための出版物です。
自費出版と形式が似ていますが目的が違います。
目的はあくまでも自分の会社を多くの人達に知ってもらい、それによりの会社の価値を高めようとするものです。
本業が別にあり、その価値を高めるために行われる出版という意味で自費出版とは目的が違います。
また、作られたものの広告についても費用をかけて行うことができますので多くの人が周知するという観点からは有利になります。
商業出版とは異なるものですが、企業出版の出版物であるため書店も利益が見込めますので、書店に置かれることもあります。
その具体的な目的は、商談などの交渉の際の資料として利用したり、学生のリクルートを行う際の会社の紹介を行うものとして配布されるというものが主な状況です。

あわせて読みたい