UNICEF東京事務所は世界の恵まれない人を助けている

世界中には恵まれない人がいつもいると言っても良いのかもしれません。
日本にいると全く想像もできないような貧しい暮らしをしている人は世界中にいます。
誰かの救いの手を待っている人がそれだけいると言うことです。
今すぐにでもそこへ行って助けたいと思っている人は多いかもしれません。
しかし、今は新型コロナウイルスのこともありますし、簡単にできることではありません。

UNICEF東京事務所は世界中の恵まれない人を助けてきた

実は、UNICEF東京事務所は世界中の恵まれない人を助けてきました。
それだけ多くの人が寄付をしているからでしょう。
テレビのコマーシャルなどでもユニセフのことを聞いたことがありませんか。
日本は食べるものがたくさんありますが、世界に目を向けて見ると食べるものに困っている人がたくさんいます。

飢餓は深刻な問題で、日本では食べきれなくて捨てられている食べ物がたくさんありますが、それだけで世界の飢餓を救えると言われています。
それだけ、食べ物を日本は無駄にしていると言うことでしょう。
捨てるようなものを寄付することはできませんから、飢餓を無くしたいと思っているのであれば、お金で寄付をする方が良いです。
そうすれば、高栄養食などを飢餓で苦しんでいる人たちに送ることができます。
「ユニセフ」と「日本ユニセフ協会」の違い/日本ユニセフ協会の活動内容

飢餓で苦しんでいる人たちがいる途上国の様々な問題点

食べ物だけの問題ではありません。
飢餓で苦しんでいる人たちがいる途上国では誰もがワクチン接種できるとは言えないでしょう。
日本ではワクチン接種を幼い頃にいろいろとしますが、それができない人たちだっています。
新型コロナウイルスは別に考えることにはなりますが、他にも重要なワクチンを接種しないといけません。
UNICEF東京事務所では、このような人たちのために力になっています。

生きるために最も重要と言えるのは、水です。
綺麗な水を自由に使える人々ばかりではありません。
日本のように水道水をそのままの状態で飲むことができる国は、とても少ないと言われています。
飲み水もそうですが、手を洗う水でさえも汚い水を使うしかない人たちが途上国にはまだまだいます。

UNICEF東京事務所は綺麗な水が使える場所を増やしている

水の問題はとても難しいと言っても良いでしょう。
子供が井戸に汲みに行っている国は決して少なくないはずです。

家の近くにあるわけではないので、何時間もかけてようやく家族のために水を汲むことができるでしょう。 そうすると、子供たちは重労働をしなくてはなりませんし、勉強どころではありません。
これは、途上国にとって大きな問題と言っても良いでしょう。

どんどんUNICEF東京事務所は綺麗な水が使える場所を増やしています。
衛生管理を徹底することもできますので、これなら病気が蔓延する恐れが少なくなります。

新型コロナウイルスも手洗いがとても重要

新型コロナウイルスも手洗いがとても重要だと言われています。
途上国は不衛生なところがとても多いですが、すでに新型コロナウイルス対策として、石鹸や消毒液などを送りました。
これらを使うことで、ウイルスを洗い流すことができますから、感染が蔓延しなくて済むかもしれません。

新型コロナウイルスに限ったことではないですが、不衛生な場所では感染症が蔓延する可能性があります。
しかも、医療体制が決して整っているとは言えませんから、助かる命を助けられなくなる可能性がとても高いです。
幼い子供たちの命だって危険に晒されるでしょう。
栄養状態が悪い子供たちが様々な病気に感染してしまい、命を落とすことが珍しくはありません。

綺麗な水が使えて、石鹸や消毒液を使うことができるようになると、それだけで様々な感染症を予防することができるはずです。
こうやって多くの人の命を救うことができます。

ユニセフを通じて世界平和に貢献する

本当であれば自分が行って助けたいと言う人も、UNICEF東京事務所に任せませんか。
これまでたくさんの人をすでに助けています。
日本は男女関係なく学校に行くことができますが、世界を見てみると宗教の問題などで女の子が教育を受けられないこともあります。
そう言うことに対しても手を差し伸べているので、自分が直接助けることができなくてもユニセフを通じて助けられれば良いと思いませんか。

たくさんの実績がありますから、今後もどんどん世界中の恵まれない人たちをUNICEF東京事務所が助けてくれるでしょう。
そこに寄付をするだけでも自分自身が世界の誰かを助けていることになります。
一人一人の募金があってこそ、様々な活動をすることができるからです。
多くの人の寄付があるからこそ、以上のような活動ができます。
以上のような活動はあくまでも一例なので、これ以上のことをしています。

まとめ

誰かを助けたいって思っているのであれば、UNICEF東京事務所の力になることを考えてみませんか。
いろいろな募金方法がありますから、自分がやりやすい方法で構わないので募金しましょう。
金額が少なかったとしても、多くの人が募金に協力することによって大きな額になります。
少額であったとしても、実は多くの人を救うことができますから、余裕のあるお金を寄付してみませんか。

あわせて読みたい