食品パッケージを製造する上で注意しなければならない事

食品パッケージを製造する上では、様々な点に注意をしなければなりません。
その中でも近年非常に話題となっているのが、HACCPと呼ばれる食品製造における様々な規格の遵守の実現です。
最近では衛生管理に関する様々なトラブルが注目されるようになっており、その品質管理や消費期限の管理の問題などがクローズアップされるようになりました。

ずさんな品質管理による健康被害の実例が報告されている

日本国内でもずさんな品質管理による健康被害の実例が報告されたり、また効率よく利益を上げるために本来の消費期限を偽った製造年月日偽装や消費期限の偽装など、様々な問題が発生しています。
そのため、良心的な企業の中にはその品質を保持するとともに消費者に対する安心を提供するために様々な方法を模索しており、これがそれぞれの企業努力によって実現されてきたのが実態ですが、その基準となるルールが確立されていないのが実態でした。
これを実現するために海外で生み出されたルールがHACCPであり、品質管理と衛生管理を行う基本的な条件を踏まえながら、企業内で独自にその製造工程や品質管理に関するルールを定めることが一般的となっています。
すなわち、基本的な遵守事項を踏まえながら企業独自に実現すべき目標を掲げ、これを遵守するために様々な工程管理や品質管理の手順を詳細に定めることが義務付けられているのがこの方法の特徴です。

HACCPの導入に伴ってパッケージにも同等の品質が求められる

パッケージは基本的には食品そのものではないため、その消費期限や品質管理は食品のものとは全く異なる基準によって製造されており、またその工程管理はこれまで食品と全く異なるものとなっていました。
しかし、多くのメーカーではHACCPの導入に伴ってパッケージにも同等の品質が求められることが少なくありません。
基本的には人間が直接口にするものではなく、また万が一口にした場合には健康被害を生じる恐れがあるとしても、その範疇には含まれないと言う考え方が一般的でしたが、近年ではこの考え方は全く通用しないものとなっています。
そのためパッケージを製造する会社では様々な食べ物を生産する企業と同様に衛生管理を遵守することが求められるようになっており、中にはHACCPと同等の厳しい管理基準を設定しているところも少なくありません。
これによって安全衛生管理を徹底するとともに、様々なトラブルを未然に防ぐと言う効果があるばかりでなく、食べ物を生産するメーカーが安心して利用することができるものを生産できる能力を持つことを対外的に立証できるのです。

パッケージのもう一つの重要な役割とは

同時に、パッケージにはもう一つの重要な役割があることを忘れてはなりません。
これは店頭に陳列される際に多くの消費者の目に留まり、同時にその手に触れると言うことが多いことです。
包装された食物を直接触る事は基本的には店頭ではタブーとなっており、また多くの消費者はこれを意識していますが、外装を直接触る事は違和感を感じないと言う代わりが多く、またその外側に記載されている商品説明や様々な原材料の情報などは実際に手に取ってみないと分かりにくいことも少なくありません。
そのため、消費者が実際に手に取ってみると言うことを前提に設計し、また製造されなければならないことも重要な要素となっています。
同時にHACCPの基準に則り様々な安全性管理を実現しなければならないことから、実際にはこれらのメーカーではHACCPで指定された条件以上の厳しい要件が設定されていることも多いものです。
朋和産業はじめ多くのメーカーではこれを実現するために独自に厳しい製造工程や管理工程に関する基準を設け、またこれまで培ってきた実績を生かした安全衛生管理を実現しているのが一般的です。

商品の売れ行きを支える重要な役割を担っている

最近では取引先の食べ物を製造する会社から基本的にHACCPの基準を満足していることが前提条件で提示されることが多く、企業活動を行うためにはこれが必要最小限のものとなることが多いのですが、さらにこれよりも厳しい条件を設定していることでその信頼性を高めることが可能となり、取引量を増やすことができる可能性が高まります。
もう一つの重要な使命は、商品の売れ行きを支える重要な役割を担っていると言う点です。
これは主にデザイン力に左右される部分となりますが、食べ物の魅力を端的に表現することができるものであると同時に、その味わいを的確に示すことができるものでなければなりません。
基本的に消費者は店頭に陳列されているもので魅力を感じた場合に実際に手に取って細かな部分を確認することになるため、目に留まることを前提にそのデザインを行うことが必要となります。
そのため、様々な細かな要素を全て満足することがメーカーにとっては重要な要素となるとともに、業界全体の流れを常に把握しながらその先を行く行動が必要となるものです。

まとめ

食品パッケージを製造する会社は、実際には非常に厳しい衛生管理や工程管理を行っているとともに、消費者の心をつかむ非常に高いデザイン力を持っていることが求められる企業となっているのです。

あわせて読みたい